MizoTown 生活情報 ナビ!モバイル

トップページへ
■プラセンタの動物由来の原料について
胎盤エキスを原料として、美容成分であるプラセンタは作られています。

プラセンタを作る原料の胎盤とは、一体何でしょうか。

胎盤というと哺乳類の動物にしかできないため、哺乳類がその原料となります。

病院で、治療のために使うプラセンタは人間に由来する物を使います。

婦人科で更年期障害の治療などのために使うもので、体内に注入するものです。

人間に用いるものである以上、人間の胎盤を原料にした胎盤エキスがアレルギーが出にくく、信頼性も高まります。

化粧品やサプリメントに配合されているプラセンタは、ヒト以外の哺乳類から得たものが多いようです。

人間以外の胎盤の方が入手しやすいためです。

プラセンタの原料の代表的なものは牛でしたが、狂牛病の原因とされるプリオンが胎盤にもあるため今では使用禁止になっています。

そのため、近年では豚の胎盤を原料にプラセンタを製造しています。

牛と豚どちらが原料のプラセンタでも、効果に大きな差は無いようです。

安全性や効果については、豚由来や牛由来のプラセンタは、ヒト由来のプラセンタと異なるといいます。

豚のプラセンタは美容や健康に効果がないということではないようです。

プラセンタと一言でいっても原料の違いがある事を頭に入れておく必要があるようです。


 
↑このページの上へ
トップページへ

特商法に基づく表示
© BizenTown

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.17
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM