MizoTown 生活情報 ナビ!モバイル

トップページへ
■プラセンタの植物由来の原料について
プラセンタは原料が胎盤エキスなので、本来は動物、中でも哺乳類のものしかプラセンタの原料にはなりえません。

プラセンタ配合のサプリメントには、植物性プラセンタという成分が使われていることがあります。

ですが胎盤のない植物からは、胎盤を原料とするプラセンタは手に入らないはずです。

胎盤と同じような働きをする組織が植物にもあり、その部分を指して植物性プラセンタと呼ぶようです。

植物の胚の若芽の真ん中には、胚座と呼ばれる成分があります。これが植物性プラセンタの原料です。

植物の成長には、胚座の栄養素が役に立っています。

動物の胎盤と同様の働きをしている胚座を原料とすることでプラセンタに似た成分が手に入るわけです。

美肌や美白の効果が期待できるという植物性プラセンタは、動物胚芽を原料としたプラセンタと同じように利用することができます。

アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれる点も同じでしょう。とはいえ本質的には違うものと思った方が良いようです。 本当の意味での胎盤エキスを使っていないにもかかわらず植物性プラセンタに関心が高い理由には、安心して使えることがあります。

かつては牛の胎盤エキスから作られたプラセンタをサプリメントやスキンケア用品に使っていましたが、狂牛病の関係上、今は不安な点がありつつも豚の胎盤エキスが主流です。

狂牛病のメカニズムが未だはっきりしていないことも関わっているため、豚の胎盤エキスに対する警戒心も捨てきれないという点があるといわれています。

植物性プラセンタの場合、動物由来のプラセンタのような危険度は今のところないようです。

そのため、プラセンタを摂取する時に動物の胎盤を原料にした本来のプラセンタより、植物性プラセンタを好む人が多いともされています。


 
↑このページの上へ
トップページへ

特商法に基づく表示
© BizenTown

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.17
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM