MizoTown 生活情報 ナビ!モバイル

トップページへ
■劣後(れつご)ローンとは
劣後ローンの特徴についてです。

今の社会の中では、いろいろな形態のローンが身の回りにあるといえます。

自動車ローンや学資ローンなど生活に密着した借り入れ商品も数多くあり、住宅ローンだけに限らず実際利用者も増加しています。

中でも劣後ローンという言葉は聞いたことはありますか。

もし劣後ローンを知っているのであれば、かなり経済に詳しい人か、会社の経営に携わっている人かもしれません。

劣後ローンは個人向けには組まれることのないローンであり、主に企業に向けたちょっと特別なローンなのです。

劣後ローンは、借り入れの一種です。他の負債とは違って、返済の順位が低いローンになります。

多重債務に陥って会社が倒産した場合、財務整理を行ってできる限りの債務を清算します。

全額返ってこない確率が高いローンである劣後ローンは、極めて順番が低いローンだといいます。

他の債権より高めに設定してあるのが劣後ローンの金利で、性質はハイリスクハイリターンなところがあり、やや株式投資に似ています。

日本では1990年に本格的な劣後ローンが導入されました。

現在では資本を強化するために、さまざまな企業が劣後ローンによる借り入れを行っているといいます。

近頃では、金融庁の指示のもと中小企業向けにも劣後ローンが積極的に行われていることが話題です。


 
↑このページの上へ
トップページへ

特商法に基づく表示
© BizenTown

powered by Quick Homepage Maker Mobile 2.17
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM