リバウンドを防止するためには、筋肉量も深くかかわってきます。

リバウンド防止と筋肉量

トップダイエット記事 > here

リバウンド防止と筋肉量

リバウンドを防止するためには、筋肉量も深くかかわってきます。

リバウンド防止に筋肉量が関係するのは、筋肉量が多い方が何も基礎代謝量を増やしダイエット向きの体質になれるためです。

特別な運動をせずとも、1日に使うエネルギー量を基礎代謝量といいます。

画像の説明

リバウンドを予防するには、筋肉を多くすることで基礎代謝を増やすことが重要なのです。

たとえ布団の中で寝ていても、リビングでゴロゴロしていても、基礎代謝は消費します。

人の体はじっとしていても体温維持や臓器の活動にカロリーがいるのです。

つまり、基礎代謝の高い身体になれば、それだけダイエットがしやすくなります。

ホメオスタシスが機能し、食事制限などに合わせて体内の消費カロリー量が減っても、筋肉があって基礎代謝が高ければ消費カロリーは減りすぎません。

体内で消費するエネルギー量がホメオスタシスで抑えられている時は、筋肉量が多いほどエネルギー消費が必要となります。

筋肉を増強することで、体脂肪をエネルギーに変えやすくしておきリバウンド防止作用を得るというわけです。

ダイエットをしてもリバウンドが起きない体になるためには、体内の筋肉量を増やしておくことです。

リバウンド防止のために筋肉量を増やすためには、ダイエットメニューに水泳やウォーキングなどの運動や、ダンベルのような筋肉を鍛える運動をすることです。

基礎代謝と筋肉量の関わりを念頭に置いた上でダイエット運動メニューを組み立てることによって、リバウンド防止策が講じられます。







Ya!リタゲ済み

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional


modified by 自分で作るホームページ QHM Design Bizen Web