金融関連の情報、法改正とキャッシングの審査

法改正とキャッシングの審査

MizoTownトップ金融関連の情報 > here

法改正とキャッシングの審査

キャッシングの審査は、キャッシングに関連する法律が2010年6月に変わったことで変化しています。

これまでは、アルバイトやパートタイマーとして働いていた人でも、ある程度の基準をクリアしていれば審査は通過し、問題なく融資を受けることができるという方針が一般的なものでした。

法の改正後は、キャッシングの申し込みの審査基準が変わり、新たな申し込みの審査が以前よりも更に厳しくなっています。

ネットキャッシングや無人のキャッシング機の広まりを受けて、手軽に手続きが可能なキャッシングは多くの人が利用しています。

キャッシングの利用者が増えたことで、多重債務に陥り自己破産に至るケースも増加傾向にあり、社会問題にも発展。

何社ものキャッシング会社からお金を借り、それらを並行して返済していくことは、借入時の手軽さと比してとても負担の大きなことといえます。

他のカードローンやクレジットカードを作ることを繰り返し、自己破産等に陥るケースも増えている、と言われています。

今回の法改正には、自己破産に陥るような多重債務を事前に防ぐことも、目的として含まれています。

1人で何枚もクレジットカードを持っている人や、複数社からのキャッシング利用があるという人は、法律の見直しによって審査を通過しづらくなりました。

今までは繰り返し行なっていたキャッシングも、再審査などで使用できなくなっているケースもあるようです。

キャッシングやクレジットカードを使う時は、返済プランをしっかり立ててから利用していきたいものです。

もしもキャッシングの審査で落とされたばあいは、健全な家計バランスや貯蓄額のチェックなども重要かもしれません。








powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional


modified by 自分で作るホームページ QHM Design Bizen Web